Grill & Pub Loin | グリル&パブ ロイン

小倉駅新幹線口に「グリル&パブ ロイン」が開店しました。開店に伴うところで、お店のコンセプトメイクなどプロデュースのお手伝いをしました。以前の僕だと建築に関わるところだけしか仕事をしませんでしたが、フリーランスになりもっと自分が貢献できる範囲が広がったと思います。

詳細については割愛しますが、どんなお客さんに来てほしいのか?どうやって集客していくのか?どのようなメニューが必要か?ロゴはどうするか?など話し合い方向性を決めていきました。

この店は改装以前もレストランだったのですが、そのさらに前はカフェでした。内装はカフェの時のまま使用していたのか、店内はだいたい真っ白。カウンターはツルツルテカテカのメラミン素材。ゆっくり食事を楽しむ雰囲気ではありませんでした。

改装費はすごく低予算だったので、いろいろと凝ることができませんでしたが、お客さんの手に触れる場所を中心に最低限の改装をしました。

そのカウンターを隠すため「モールテックス」という樹脂モルタルっぽい左官仕上げにしました。素材感のある材料でグレーの独特な感じに仕上がりました。カウンターの框は7ミリに落としたタモ材を使用しました。角部分を補強するだけでなく、モールテックスと質感と色のコントラストがでてることで見栄え的にも良くなりました。カウンターの後ろ側には、バイブレーション仕上のステンレスの目隠しパネルを設置したのですが、カウンターに座ってみると、手前から、タモ材、モールテックス、ステンレス、グレーの壁、ウッドの棚、酒の瓶、といろいろ質感の違うものが並びました。なかなか面白い感じになり気に入っています。

カウンター廻りは以前に比べかなりフォトジェニックになったと思います。

 

 

作成者: kakmak

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です